正規店で修理する場合の保証は?

延長保証契約の有無によって変わる

iPhone修理を正規店で依頼する場合、保証をどのようにしているかによって、費用が大幅に異なります。一般的には初期の1年保証がついている範囲内でなら、安く修理が可能と思われていますが、それだけではありません。延長保証契約を交わしている場合には、2年間まで延長可能です。契約をしているかどうかによって保証期間が大幅に異なるため、購入するときには注意してください。 正規店で修理する場合、純正パーツを使用して割安な価格で修理してもらえます。そのため、iPhoneを購入する時に延長保証契約を交わしているかどうか、契約書の内容を確認してからiPhone正規店に予約をしてから持参することで、割安な価格で修理を受けられるでしょう。

延長保証かどうかで対応が異なる場合もある

わからないことがあっても電話でサポートしてもらえるのが、正規店のiPhone修理保証内容のひとつです。スペシャリスト自らが電話応対をしてくれるため、1回の電話でほぼ全てのトラブルを解決できるといいます。なお、延長保証契約の場合だけでなく初期保証内容にも含まれているのがポイントです。 なお、延長保証契約を結んでいる場合、通常の保証内容よりも多岐にわたる修理に対して割安となるため、利便性が高いとユーザーから言われています。通常の保証の場合は自然故障にしか対応していませんが、人為的なトラブルによる故障であっても延長保証契約を交わしていれば、無償あるいは低価格での修理が可能となっているため、ユーザーにとってはお得です。

再起動を試みても、iphoneの充電ができない場合、内部の故障の可能性が高いので、修理店に依頼を行いましょう。バッテリー交換だけで済めば、数千円で直せます。