非正規店で修理する場合の費用は?

概略の見積もりをもらって比較する

iPhone修理は正規店よりも非正規店で修理を依頼したほうが早く、安く仕上がるといわれています。特に保証の切れたiPhoneの場合、正規店に出すと割高になってしまうため、非正規店のほうが経済的な負担は少ないです。ただし、同じ修理費用に関して店舗ごとに金額が異なるため、事前に複数の店舗に確認してから修理を依頼しましょう。
店舗によって同じ古い機種の修理であっても、正規店とは数千円から数万円程度の違いが出てきます。どれくらいの金額で修理してもらえるのか、メールでお問い合わせすることで、概略の金額を把握できるでしょう。複数の会社から出かけやすいところや、郵送料金がかからずに修理依頼ができる会社に依頼すると、余分な費用がかかりません。

正規店と非正規店では数万円違う

例として、フロント画面が故障した場合の費用について比較しましょう。正規店の場合には3万円を超える費用と消費税を請求されるところですが、非正規店の場合には、古い機種の場合5千円前後で消費税がプラスされる程度の金額でできます。また、最新機種であっても税込みで1万円前後で修理できるところが多いため、保証がない場合には大変お得といえるでしょう。
パーツに対しては安すぎる会社の場合、品質の良くない部品を使っている可能性が高いため、事前に評判を確認してから申し込むと安心できます。部品の品質に対する口コミでの評価が高ければ高いほど、信頼できる店舗として、利用しやすいです。サービス内容や接客態度を含め、割安となる修理会社を選んでください。

iphone6sのバッテリー 交換は、正規メーカーだけでなく各地の家電量販店や携帯ショップなどでも対応が行われています。