正規店で修理する場合の費用は?

修理の費用を決定する因子

iPhoneの修理を正規店に依頼した際の費用は、修理するべきパーツの状況によって異なります。支障が起きていることに気が付いた時点で速やかに正規店へ持ち込めば、費用の軽減を望めます。修理が遅くなれば遅くなるほど、費用がかかるため注意しましょう。尚、発売開始から一定の年月が経過している機種は修理費用が安くなる傾向があります。

ディスプレイを正規店で修理した時の料金は、iPhone第6世代~第10世代が1万5000円~2万円、第11世代以降が3万5000円~4万円です。但し、iPhone製造元の有料サポートシステムに加入しているユーザーは、一律4000円弱で修理できます。機種の年式によって料金が変動しません。

本体やバッテリーの交換費用

iPhone本体を正規店で交換・修理した時の料金は、第5世代~第10世代が2万5000円~3万7000円、第11世代以降が4万円~7万4000円です。因みに、有料サポートシステムを契約していれば、保証期間内は修理2回目まで料金が1万3000円程度ですみます。その上、バッテリーの交換を無料で行えます。尚、サポートシステムの保証期間中でもユーザー自身の過失によってパーツが損傷している場合は、料金が高額になるでしょう。

通常、第8世代以降のiPhoneのバッテリー交換は、料金が3500円程度です。但し、バッテリー交換が2回目の時には、3500円以上かかります。第5世代~第7世代のバッテリー交換は、約1万1000円です。

修理は持ち込み修理、配送修理、在宅自己交換修理などがあります。まずは、iphone6sの修理の保証状況を確認してみましょう